他人への関心の無さがもたらす人生

気づいたら家族が重病追ってたり死んでたりすることが人生の中で多すぎて なんで気づけなかったんだろうとか後悔することよくあるんですよね。 でも詳細に振り返ってみると、なるほどそりゃ気づかない筈だなと思うところが多くて、 気づけない原因は、多分私…

気づいたら遺書を書いていた

遺書を書くに至った経緯。 レクサプロの個人的な効果は、「悩みの強制終了」だった。 悩み続けるができない状態なので気分は自ずと回復し、 とくに集中して何かをすることはできないけれども穏やかに日々を過ごしていた。 そのせいで薬を飲むことを忘れてし…

強く生きれなくてごめん。 楽しく生きれなくてごめん。 楽しい思いをさせてあげられなくてごめん。 幸せにできなくてごめん。

医療費控除とかセルフメディケーション税制への所感

今年度は休職前に胃腸を壊しまくって夜間救急に駆け込んだり、ODか????って量のロキソニンを貪り食ったり、長引く風邪をなんども引いたりしたお陰で(?)医療費控除が受けれるくらいの医療費がかかっていました。わーい。嬉しくない で、申請できるので改…

帰り道にカップルが別れ話してた

焼肉の帰り道、信号待ちしてたら突然隣のカップルの女性が大泣きをし始めた。 「側に居させてよー!!」 って言って泣きながら男性に抱きついてたけど、男性は冷めた風な感じだった。 おーおー自分も大学生クソメンヘラのときにそんなこと言ったことあるなあ…

生きるには恐ろしすぎる世界

何もかもが怖い。 こういうのって病気なのかな。 昔から夜寝れなくて、でも町は眠ってしまって、とても寂しくて窓から家の前を通り過ぎる車をずっと眺めてた。 ライトを照らしながら走る車たちは、こんな時間でも眠れない私の仲間だと思ったから。 姉も母も…

社会保障は誰からも愛されない人のためにある

社会保障と言えば少し前に話題に上がった自治体の家賃補助制度や生活保護、その他障害年金など、困窮に陥らないためのセーフティーガードとしての役割を担っている。 生活保護受給者について、身近には居ないけれども彼らに関わる仕事をしている人の話を聞く…

無職の間に心がけること

①:節約を覚える ・本を買わない 図書館の利用、東京23区であれば隣接する区の本が借りられる場合がある。 休職者の場合は職場近くに図書館が無いか確認しよう。 また、通っていた大学図書館が近くにあるとレベルの高い書籍が借りれて非常に便利だ。 国会図…

読了 『死体格差』解剖台の上の「声なき声」より

『死体格差』という本を読み終わったので感想を書く。 この本は兵庫医科大学で司法解剖を長年担当している西尾元教授が書いた本だ。 病院で亡くなったりお医者さんの傍で死亡が判定されなかったいわゆる「異常死体」を検死解剖するのがお仕事だそうだ。 ご遺…

独居老人にしたくないけど一緒に暮らせない

核家族化、妻との離死別等で独居老人が増え、孤独死する老人が年間3万人いるという https://gendai.ismedia.jp/articles/-/49456 (古い記事で申し訳ない) Youtubeでこんな動画を見ていた (死に関する動画で刺激が強いと思うので、難しい人は再生しないほう…

Webサービスの「お知らせ」欄はチェックしよう

普段ははてブ民としてくだらないことに野次を飛ばしたり 気に入った料理屋漫画の記事をブクマしたりと平凡に過ごしていたのだけれど、 全く見てなかった「お知らせ」欄を確認したところ、このブログの月間PVが100を超えて居るのだという。??? でアクセス…

抗うつ剤「レクサプロ」を飲んでみての個人的な感想

あれから会社を退職し、傷病手当金をもらいながら療養している。 父が亡くなってそろそろ一年。こんなにも人生ってなんだろと考える一年も無かっただろう。 表題について、鬱症状が改善しないということで抗うつ剤の「レクサプロ」が処方された。 「セロトニ…

広義的に良いことがあっても狭義的につまづいただけで結局だめな日になる

3時寝た割に朝は異様に早く目が覚めてしまった。 そろそろ本社面談が迫っているからだろう、現実と向き合わねばならなくなってきたからか。 休職期間は残すところ1ヶ月を切ったわけだが、病状が回復する気配はない。 それどころか頭痛が悪化して泣きながら駅…

失えばなんだって美しい

父は我々世代の親にありがちな内弁慶、プチ亭主関白、躾は暴力を以って、さらに女が泣くと暴力が加速する、典型的な精神疾病だった。 幼少期の我儘、思春期に起こった様々な出来事、生活感の違い、進学進路についてetc... その都度、私の意思は論理的な解決…

生きてたログを吐き出さないと生命維持のコストばかり意識してしまう

休日の朝は配達員の鳴らすインターホンが目覚まし。 レースのカーテンとレターパックが届いた。 証券会社に提出していた印鑑を姉に渡したままだったんだ。 レースのカーテンはベルーナで注文したものだ。 ベルーナの箱に40代向け化粧下地、ヘアオイル、マッ…

弱っているときに近寄ってくる人について

私の家庭環境は正直言ってあまりよくない。 そもそも家庭環境なんて比べるものでもないし、衣食住が取れない、家が無いというレベルではないが、おそらく、一般的な家庭と比べて家族が病気したり不幸な目にあったりという出来事が多く、人生がだいぶ早送りに…

引越し前夜

もうあと3時間もしたら新しい家に引っ越すことになる。 夢にまで見た(そうでもない)同棲生活の始まりである。 今も私が彼の家に住み着いている状態なので、実質同棲しているのだが 改めて生活空間が移るというのはなんだか‘けじめ’感あるなあと思う。 そんな…

休職生活

めでたく休職生活がスタートしているわけだが、何をしようかてんで思いつかない。 いや、療養に努めよとか書いてあった承諾書にサインはしたのできっと療養しなきゃいけないんだろうなあ。。 ついでに弊社は社内規定が配られず、労働者側が不利を強いられる…

心の病の原因

昨年父が亡くなった。67歳だった。 亡くなる前日までメールもしていたのに突然だった。 遺品整理をしていたら大量の不採用通知が出てきた。 途中から開封すらされていなかった。 父は半導体の露光装置の技術者だった。 ある日、ハローワークでガソリンスタン…

平日夜に一人になれる家じゃない場所

・年パスがお手頃価格な水族館 19時入館が圧倒的におすすめである。 水族館は魚が浮遊して綺麗な様を見るための施設なので、無神経なハードロックやレゲエポップなんかは流れていない。 年パスの価格一覧が載っているサイトを貼っておく http://money-bu-jpx…

異常行動は心の正当防衛

リーゼもロキソニンも1シート空けてて、心の正当防衛ってすごいなと思った。 動機止まんないなーと思いながらパクパク 頭痛いなーと思いながらパクパク はあやっと安定して帰ろうと思ったらマネージャーから呼び出し。 完全の抜ける前提の引き継ぎだけど、認…

あいつのコレ

頭がずっと痛いし思考が歩こうとしないので休んだ。 マネージャーがすごく親身になってくれて、ああこんな素晴らしい人がいるプロジェクトだし、休職せずに最後まで頑張りたいなと思う反面 もう原因排除で回復するレベルではなく、自信喪失まできていた。 個…

結局だめ

決めつけの注意と人格否定の区別がつかない。 察してよ系が察せなくて生きにくい。

湯河原で蛍

友人が心が疲れているから癒しにどうかと湯河原の別荘に誘ってくれた。 行きはまた別の友人にピックアップしてもらい、ものすごくホイールの大きな車(スポーツカーらしい)で 車好き特有のふかし(ギアを思いっきり変えて踏み込む技)を何度か体験させてくれた…

感染性胃腸炎

春に受けた健康診断のときから血小板の数が多かったなあと思ったら 昨日ついに3回の嘔吐。水下痢止まらずで誰がどう見ても胃腸炎でした。 発熱もしているので頭がふらふらしながらポカリスエットを買いに自転車漕ぐも 自転車の揺れでまた吐き気催すという地…

睡眠改善薬「ウット」を抗不安剤として使用した個人的な感想

最近はウットという抗不安剤を常飲している。 もともと不安感が拭えず、精神科に処方された薬(リーゼ・ドグマチール・デパス)は眠気増して不安感を後回しにしようみたいな効果しか感じられなかった。 けど仕事中に薬が切れ、不安緊張が増してぼろぼろ泣き始…

見た映画とか映像とか

書いておかないと忘れるんだよな 「レディプレイヤー1」原作:ゲームウォーズ もともと原作のほうの上巻を途中まで読んでたんだけど、 同居人がスティーブンスピルバーグ好きで見に行くことになった。 見た感想、VRゴーグル活用のまま仮想現実世界が爆流行し…

愛読書の周辺

家路にて。 「安部公房が好きなんです」 T「彼の作品を読んでいると、‘生きることに意味など無い’ と実感できるね」 「そう思えると生きるのが楽になりますよね」 T「しじみちゃんの歳でそれを言ってしまうのは悟りすぎているよ(笑)」 尚、その後大江健三…

読了 人生にゆとりを生み出す 知の整理術/pha

学んだことは3つ ・ブログをやろう ・休み休みに学ぼう ・マンガで学んでええんやで スローペースな文脈なので気軽に読めた。 ’みんなが知識を得られるように‘ というスタンスで書かれた本なので、すごく良心的だ。 知識の格差は不幸に遭遇しやすい格差でも…

半額セールで損をする

仕事で落ち込んだのでジェラートを食べている 今日は午前中に涙がぼろぼろ出てきて仕事にならなかったな。 精神科、父親が死んで治ったことにして通院やめたけど やはりそんな荒療治は実は無く、一歩一歩治していくしかないみたい。 明るく生きたい。 今日は…