引越し前夜

もうあと3時間もしたら新しい家に引っ越すことになる。

夢にまで見た(そうでもない)同棲生活の始まりである。

 

今も私が彼の家に住み着いている状態なので、実質同棲しているのだが

改めて生活空間が移るというのはなんだか‘けじめ’感あるなあと思う。

 

そんな中、私自身が休職の身であるため肩身狭く感じているものの

同居人氏はそこまで気にしていないようだ。

 

傷病手当金も出るしゆっくり休めばいいんじゃない?

な感じで受け入れてくれているだけ感謝しかない。

 

引越し先は立地が立地なだけに通っていた大学の図書館へ往復400円くらいで通うことが出来る。

大学図書館は卒業生も利用でき、さらには自習室では電卓も使えるとのことなので勉強にはもってこいだ。

 

区の図書館では区民が対象となるため自習スペースもなかなか取れないことが多い。

我ながら、あの大学の卒業生でよかったなとしみじみ思う。

 

色々と時間の節約ができ、自炊する気も満々(気分だけ)のため

家事を含めて私にできることを少しずつこなしていこうと思う。