広義的に良いことがあっても狭義的につまづいただけで結局だめな日になる

3時寝た割に朝は異様に早く目が覚めてしまった。

そろそろ本社面談が迫っているからだろう、現実と向き合わねばならなくなってきたからか。

 

休職期間は残すところ1ヶ月を切ったわけだが、病状が回復する気配はない。

それどころか頭痛が悪化して泣きながら駅員に訴え、駅員室で1時間以上休ませていただいた始末である。

 

ずっと考えてる。これからのことと今までのこと。

精神疾病患者が考えてはいけないことトップ2である。

これからのことについては、正直死んだほうがコスパ最強なんだけど先に父が死んだこともあり、もうすこしポジティブにというか誰も悲しんだりしない方法を考えたら結局生きることになってしまいそうで、そうであるならば、もう少し苦しくない生き方なんてのもあるのではないかと考えていた。

ちょうど落合陽一の本を読んだ機運もあってか、趣味の方向でそのまま極めていったらマネタイズできないかと模索している。

 

がしかしすぐに結果が現れるわけではない。

やはり株かと思い、iphoneで過去にとっておいた様々な手法のスクショや株クラスタの経済の察知の仕方、BNFのIN判断基準など、株に関するエッセンスをひらすら読んでいた。

私は決済したら必ずスクショを残す。

そのため利確スクショも損切りスクショも両方の画像が取ってあった。

よくよく利確していたころの手法を思い起こしてみたところ、私は線を引いてブレイクポイント見極めてた頃が一番運用成績がよかった。

 

なのでそそくさと3銘柄ほど売買してみたら読みが当たって今日も利確したし、明日も利確できれば万歳という感じ。

本格的に株をやってみたくなった。

 

昼はすごくサブカルクソ女が好みそうなシアター映画を横浜に見に行った。

夢の中で鹿となって出会った男女(若い女性と老人)が恋に落ちてく映画なんだけど、

主人公の女性がとにかくADHDで、交わした会話全部覚えてるし、カウンセラーからのアドバイスで音楽聞いてみたらと言われたら閉店までCDを視聴してたり、恋が実らないだけで手首切って死のうとするような極端な子ですごく好みだった。

食肉加工工場が舞台なので牛の屠殺シーンとか普通にあったし、なんならモザイクかかってなかったので新しい世界も見えた。

館内はお年寄りの人がすごく多くて、屠殺=穢れみたいな教育(受け継ぎ?)を受けてきた世代と思うのでこれあとで年寄りから抗議あったらやだなとか思ったけど、

お年寄りはみんな情事のシーンは物音ひとつ立てずに凝視してたし主人公の女の子が上記のような極端行動が出たときはわはははと笑ってた。

見方によっては見世物小屋をみてる感覚なのだろうか。私には笑えるシーンなんてなかったんだけどな。

 

最近趣味で軽めの3Dアートを始めたのだけどこれが意外とハマってしまった。

IKEAのかっこいい家具を金額的に買えない、面積の問題で飾れない腹いせに、

自分の部屋を作っていろんな家具を模して3Dオブジェクトを作っている。

もともとイラストロジックが大好きでドット絵の素養はゼロだけども立体セル画は得意だったみたいだ。

 作ろうと思ったものが作れるのはとても楽しい。これで食ってこうかなとおもったけど立体セルで作った3Dオブジェクトなんて需要がピンポイントすぎるので求人が無い。

 

まあ現実的ではない。

 

今日はこんなにも自己肯定感高まるブル要因満点なのに、

同居人が作った料理に「ごちそうさま」を言ってくれなかっただけですごく機嫌悪くなってしまった。

 

はあ本当にくだらない動機