医療費控除とかセルフメディケーション税制への所感

今年度は休職前に胃腸を壊しまくって夜間救急に駆け込んだり、ODか????って量のロキソニンを貪り食ったり、長引く風邪をなんども引いたりしたお陰で(?)医療費控除が受けれるくらいの医療費がかかっていました。わーい。嬉しくない

 

で、申請できるので改めて昨年度の申告書フォームで予習をしていると

セルフメディケーション税制」たるものが申告できそうなボタンを発見...したけど

これはどうやら医療費控除との併用ができないみたい。

 

医療費控除が医療費10万円の超えた金額の控除に対して、

セルフメディケーション税制は1万2000円超えた分でいいのか、安いな!

と思ったけどそもそも"スイッチOTC医薬品"っていう、

「医者から処方されるレベルの医薬品が市販で売られているものに限る」

という医薬品に限定されてたので、愛飲している粉のパブロンAとか、睡眠導入剤のウットとか、パブロン鼻炎カプセルSとかは対象外なんですよね。

 

市販薬1万2000円の壁ってチョロいじゃん!

って思ったら普段使いの薬はほんとイブクイックとか、ロキソニンくらいしか対象じゃなくて、

レシートかき集めても4000円くらいにしかなりませんでした。。

 

併用もできないし、これ一体どの層が対象なんだろうか。。。

症状を自己判断して医者にかかる余裕の無い労働者?

 

スイッチOTCって名前つけてるくらいなので、医療費控除との併用可にして

徐々に市販薬に文字通り"スイッチ"させる制度作ったほうが良いと思うんですよね。

それこそ処方箋や医薬品の明細書に「市販薬で代替可能です」みたいの書かせるとか。

 

そしたら連続して通院&処方しなくてもある程度は自己判断できて、医療費減ると思うんですよね。

ちなみにセルフメディケーション税制は健康診断の診断結果とかも提出しなきゃいけないみたいなので、そこもまた面倒です。

 

会社員は会社から健康診断受けさせられるけど、無職とかアルバイトはきついかもね。

制度設計時にどのボリュームゾーンが対象なのか、そのゾーンの生活実態はどうなのか、

とかもう少し調査してほしいと思いました。

 

制度に難癖つけるだけの日記でした。

そろそろ年が明ける...