少数派を「受け入れる」という表現

に違和感を覚えた。

 

先日、会社の人たちと飲み会に行った際に

一人の男の子が性的嗜好をカミングアウトした。

その人は奥さんもいる方だったが、男性も女性もどちらも好きな

いわゆるバイセクシャルだった。

 

私の周りでも女子校出身の後輩なんかは女の子好きなんですよね〜

なんて言いながら私の足を触ってきたりして驚きはしたが、

飲みの席で突然カミングアウトされるのは予想外だった

 

ふと別の男の子が「まあ俺たちは●●さんのことを受け入れるけどさ」

と言ってたことに違和感を覚えた。

 

日本ではまだまだ少数派かもしれないが、

所謂LGBTにカテゴライズ(?)される人たちはまだ"受け入れられる側"なのか

と感じた。まるで異物みたいな扱いだ。

 

この表現自体なくなるのが、昨今のプライド運動の目的なのではないだろうか。